« Archive 2017/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

2015/01/06 はくたか

北越急行の特急はくたかを、一度は見ておこうと思って犀潟駅に立寄りました。
通過時刻を調べていたら、はくたかがやってきたので急いで撮影するも、編成を撮り逃してしまう。

はくたか681系/北越急行
KENT6864.jpg

KENT6869.jpg

KENT6884.jpg

はくたか681系/JR西日本
KENT6899.jpg

追記
 1997年3月22日に北越急行ほくほく線が開業したことに伴い、上越新幹線と越後湯沢駅で接続することで首都圏と北陸地方を連絡する列車として運転を開始した。 ほくほく線内は160km/hで運転することができ(在来線の国内初)、日本国内の狭軌の在来線における最高速度の列車でもある。 列車名の由来は立山の開山伝説(白鷹伝説)に登場する白い鷹の「白鷹」からとられたものである。

 「はくたか」の愛称は、1965年10月に青森駅・上野駅 - 直江津駅 - 金沢駅 - 大阪駅間で運転されていた特急「白鳥」の上野駅 - 長野駅 - 直江津駅 - 金沢駅 - 大阪駅間の編成(信越白鳥)を系統分割および経路を上越線長岡経由に変更して運転を開始した列車に使用されたが、1982年11月に上越新幹線が開業したことに伴い、上野駅 - 長岡駅間を廃止し、残りの区間を「北越」に統合されて一旦廃止された。 その後、前述のように1997年の北越急行ほくほく線の開業によって新設された、上越新幹線と連絡して越後湯沢と金沢を結ぶ特急列車の名称として復活した。

 2015年3月14日予定の北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間開業に伴い、在来線特急の「はくたか」は開業前日限りで廃止が予定され、北陸新幹線開業後は東京 - 金沢間を運転する主要駅停車タイプ列車の愛称に転用される予定。


[Permalink]

2015/01/05 除雪車

犀潟駅には、除雪車が待機していました。
今ごろは、大活躍してることでしょう。

KENT6858.jpg

KENT6856.jpg

ご挨拶
 仕事始めに肖って、今日からブログを始めさせていただきます。
 本年も相変わらずに、宜しくお願いします。



>>続きを読む

[Permalink]

2014/12/30 晩秋の駅

エノコログサに覆われた鉄路を、僅かな乗客を連れだって列車が出発していきます。
晩秋の趣きが漂う犀潟駅でした。

KENT6926.jpg


[Permalink]

2014/12/29 北越急行・ゆめぞら

犀潟駅に立寄ってみたら、「ゆめぞら」が発車するところだった。
ゆめぞらは日本初のシアター・トレインで、トンネルに入ると天井がスクリーンに変わるそうです。
チャンスがあれば一度体験してみたいですね。

KENT6906.jpg

KENT6913.jpg


[Permalink]

2014/12/28 鯨波海岸を往く

越後線に沿って柏崎までやってきたら、海岸が見えてきた。
鯨波駅に立寄ってみたが何も無かったので、海岸沿いに少し南下した所で、特急北越を撮影しました。

KENT6840.jpg

KENT6844.jpg      JR信越本線・鯨波~青海川


[Permalink]